リンク集&ゲーム屋さん

ゲーム情報・レビュー系
たんぶろ
.365
ゲーム好きの戯言ブログ
PS4 DOMINATER
わぷわぷだいあり~♪
M☆G☆M+etc…~ゲームレビュー by kentworld~
PS.ふわふわドラゴンベビー
ゲームのあした!
ゲームかなー
Kultur -クルトゥーア-
ネバーエンディング・ファンタジー日記
レトロゲームたちVS最新ゲームたち

ゲーム・アニメ情報系
春が大好きっ
独り善がりなゲームログ

ゲームネタ・2chまとめ系
読みゲー
大人のゲーム2ch雑談所
ゲームだらだら速報
半人前ゲーマー

記事紹介・アンテナサイト
ゲーマーライフ
ANT -がんばるサイトを応援するアンテナ-

レトロゲーム系
ファミコンのネタ!!
レトロゲーム研究室
極東ゲームレビュー館
レトロゲームレイダース 最後のゲー戦

その他ゲーム・レビュー・プレイ日記系
Game Over
げーむびゅーわ
YSO団 青春日記
YSO The 3rd Stage
ゲエムとその他の日記。(主にゲエム)
タピオカのゲーム浪漫飛行
当たり判定ゼロ
顔面ソニーレイ+
へっぽこゲーマーのゲームプレイ日記
積みゲーはかく語りき
ひろくもせまくもなくふかくもあさくもなく
ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。
ゲーム三昧

ゲーム紹介
フラゲーム

ゲーム屋さんブログ
なりゆきゲームやブログ

ゲーム屋さん通販
ファミコンプラザ
ゲームショップ クラリス 通販部

ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ


ブログ内検索


Powered By 画RSS
2012年11月22日で、セガサターン生誕18周年でした!


セガサターン(SEGA SATURN)とは、セガ・エンタープライゼス(現:セガ)から発売された家庭用ゲーム機である。一般にはサターンもしくはSSの略称で呼ばれる。
Wikipedia


わたしがサターンを購入したのは発売日!
当初の価格は44800円で、バーチャファイターを同時購入。

ゲームセンターで画面がぐるぐる回り、本物の人間が動きまくっている!とさえ思えさせられるバーチャファイターが家庭で遊べる!という事で発売日を心待ちにしてました。


そしてサターンを起動し、バラバラになったパネルがハマってセガサターンの文字になる起動画面に感動しつつ、バーチャファイターをプレイ。

あのゲームが、あの動きが家庭で見れるなんて!と感動しました。




初期の購入タイトルを覚えている限り挙げてみると

・バーチャファイター

3D対戦格闘の金字塔。

・ゲイルレーサー
PSのリッジレーサーの凄さを見た後に購入。
うん。

・真説・夢見館 扉の奥に誰かが…
喋る生首が怖かった。

・クロックワークナイト 上巻
上巻というタイトル通り途中までしか無く短かったが、3Dを活かした仕掛け、操作性、世界観と申し分なし。

・ゴータ イスマイリア戦役
音楽、世界観と好きでしたが、いろいろ地味なゲームだった気が。

・パンツァードラグーン
ドラゴンに乗って闘う3Dシューティングゲーム。
美しい3Dグラフィックと音楽、3Dという事で360度から襲い掛かってくる敵、初期の名作ですね。

・ダイダロス

自動生成される3Dダンジョンシューティングだったかな?
迷いまくりました。

・デイトナUSA
デイトーナーというノリノリな音楽でモンスターマシンを操るレースゲーム。
アーケードと比べると描写速度が劣り、グラフィックも荒かったものの、裏技も多くタイムアタックに燃えました。

・ヴァーチャル ハイドライド
実写?のグラフィックが特徴的で、ランダムに生成される世界を遊べる。

・極上パロディウスだ! DELUXE PACK

サターンの2Dの能力が発揮されたゲーム。
この頃のコナミは今何処へ・・・・。

・バトルモンスターズ
実写の怪人達が戦う対戦格闘ゲーム。
結構好きでしたね。

・デジタルピンボール ラストグラディエーターズ
超リアルなピンボールゲーム。
ファミ通初のクロスレビュー殿堂入りゲーム(当時は32点以上で殿堂入り)ではなかったかな?

・ブルーシード 〜奇稲田秘録伝〜

ヒロインがパンチラしまくるので年齢制限18才以上となっていたゲーム。
なので当時18禁18禁言われてました(笑)
戦闘がカードバトルっぽい感じのRPGでしたけど、面白かった。

・新・忍伝
何故か実写の忍シリーズ。
当時実写が流行ってたのかな?

・バーチャファイターリミックス
バーチャファイターがテクスチャマッピング技術により進化して帰ってきた!
内容は基本一緒ですが、ポリゴン欠け(初代はリプレイ画面でよく欠けていた)もほぼ解消されてたのが嬉しかった。




サターン初期のラインナップは、バーチャファイターがあったとはいえ、今考えると貧弱ですね。
しかし発売一年経った95年末のラインナップは凄かった!

サターンの発売時期が、わたしが一番やってた時代。

セガのゲームは世界いちぃぃぃ!


セガサターン本体(グレー)
セガ (1994-11-21)
売り上げランキング: 2527


関連記事

コメント

バーチャとMYSTでした
インターネットの普及してない時期に自力MYSTは無理ゲーにも程があるつーの

でもこれだけで6万近いですねぇ
今これだけの金はポンと出ないなぁ

自分がプレイしていた全盛期ハードはメガドライブ&メガCDだったので
サターンは遅れることバーチャRemixの時に購入。
色々あったはずですが記憶に残っているのは、サクラ大戦、グランディア、
AZEL、シャイニングフォースIII、ソウルハッカーズくらいかな?

因みに当時はパソコン通信の最盛期でゲームの攻略や感想等も賑わってましたね。

PCエンジニアとしてはry

最近になってゲイルレーサーがアーケードの移植だと知って驚きましたw

私の父がサターンを買って来たのは白サターンになってからですね、タイトルはタクティクスオウガとグレイテストナイン96という私的趣味全開のラインナップでした。物心付いた頃から家にあったPCエンジン・スーパーファミコンとは異なり、初めて外から来たゲーム機がサターンということに。(ファミコンはTV端子の都合上この時期は処分済み、今では考えられない・・・。)

初期サターンのCMは土星人とセガール&アンソニーしか覚えていません、後期の三四郎無双に比べると大人しかったですね。CMはPSの方が目立ちましたね、土器王紀とかw

結局、現役の間に買ったセガハードはサターンだけでした、メガドラも情報だけは知っていましたが買ったのは最近ですし、DCも9800円になってからでしたし。

なにっ、FX?いやっ、ほらっ、この頃はまだPCエンジンが元気だったから・・・w

サターンは父がHi-サターンを買ってくれたのを覚えてます。
コントローラーの触った感じとか十字キーとかディスクを入れずに起動した時の音とか好きでした。

・新説・夢見館
確か中古で180円ぐらいの安さで購入、生首は確かに怖かった・・・(特に幼女)。展開も分からずにクリア・・・。

・天外魔境 第四の黙示録
これも中古で安価購入。ドラマチックなストーリーと演出がもう良くてハマりました。難易度は低めでしたがその分、サクサク進んでストーリーに集中できました、BGMも良い、特に暗黒教団審判の十二使徒戦とか解放したエリアフィールドとか。
ストーリーは今思い返すと結構暗かった、というか人間は増えすぎた、もっと淘汰されるべきだ!とかいろいろテーマあったんだなと。

・バーチャファイター2
初バーチャ、あまりプレイしてませんでしたが(格闘苦手なこともあり)結構楽しかったです。アニメのバーチャを見ていたのですが技の発動が難しい・・。

・デイトナUSA
当時としては難しかった・・・すぐにぶつかるわ、勝てないわ。

・セガラリー
同じく・・・・・。

・七つの島の風物語
キャラクターや雰囲気は好きでした、後はもう少しテンポが良ければ・・・・。

プレイしたソフトは多くないですがいろいろ楽しめましたね、メモリーが欲しかったけど当時は高くて買えなかったり・・。
格ゲーでわいわいやってたのが楽しかったです。
セガサターン流星群見るかな・・。

VF2が出る少し前に買いました。初プレイは貸してもらったRAMPOでしたw
次世代機登場時によくある「確かに前世代機では出来ないけど、コレジャナイ」ゲームでしたね。
実際PCEの「シャーロック・ホームズの探偵講座」とかより動画の表示面積とか大きいんですが…

その後自分で、極上パロディウスだ!DX PACKと遙かなるオーガスタ3とVFリミックスを
まとめて買いました。
極パロはPCE版のパロディウスが好きで、これの出来がPS版より良かったのがサターンにした
理由の1つです。
遥かなるオーガスタはコースがスイスイ表示され、SFCとのパワー差を実感しました。
VFリミックスはバーチャシリーズの雰囲気を掴むために買いましたけど結局バーチャ2より
楽しんだかもしれません。

ラングリッサーIV・V、ソウルハッカーズ、グランディア、スパロボF&F完、カルドセプトと、
夢中になったゲームがたくさん出たハードでしたね。
ただ、もう少しパワーメモリーの接点がしっかりしていれば…

Re:名無しさん

MYSTは遊んだこと無いですが、難解な内容として有名ですよねー。
ちらっと調べてみたら、、、

>自力で全ての謎を解くには、紙のメモや相当の想像力や機転が求められる。
これはきつい(笑)

今はたしかに気軽に出せる額ではなくなってますよね。
厳しい時代だ。

Re:おっさんさん

全盛期というのは人によって違うと思いますが、わたしは高校~大学時代ですね。
まあ、大学は中退してしまったんですが・・。

サクラ大戦、グランディア、AZEL、シャイニングフォース3、ソウルハッカーズ、名作揃いですねー。
グランディア、ハッカーズ、シャイニングフォース3は同じ年の年末に発売されていて、PSに流れが傾いてた年でしたがサターンもすごく盛り上がったのを覚えてます。

パソコン通信、その当時はPCは持ってなくてどういった画面だったのか、どういった通信方法だったのか、想像すらできないですよー。

Re:こんなかんじさん

ゲイルレーサーは、なんか似たようなのゲーセンで見たなとは思ってたんですが、ちゃんと移植だと知ったのはけっこう最近です(笑)

物心付いた時からPCエンジン!それはPCエンジニアになりますね!
わたしはサターン結構酷使してたんで、何度か故障して、3回目ぐらいで白サターン買いました。

初期のCMで自分の中で印象的なのは、コーンヘッドの土星人、比較CMとして話題だったセガールアンソニー、そして結構好きだったのは「脳天直撃!セガサターン!」と言ってたCM。
その後はあんまり記憶に残ってなく、せがた三四郎ですごい話題に、という感じです。

PSは「すべてのゲームがここに集まる」とか、「いくぜ100万台!」とか、今考えてもあの頃のソニーのCMはセンス良かったなー。

FXは好きでしたけど、正直他人にオススメはできません(笑)

Re:月見草さん

Hi-サターンとはまたすごい!
コントローラは今でもサターンが一番好きですね。

夢見館は途中で詰んだような気がします(笑)
雰囲気も内容もメガCD版が好きですね。

天外はけっこうストーリー重い作品が多いですよね。
不満点も数あれど、天外シリーズの中でも上位・・・というか天外2の次くらいに良かった。

バーチャ2は、2D格闘と比べると操作が別物だったので難しかったですね。
それでも当時は難しい技をひたすら練習してました。

デイトナはぶつかる事前提というか、衝突する事前提でガンガンやるレース、でしょうか。
セガラリーはドリフト感が好き。

七つ風は未プレイですが、評判は良かっただけにあまり売れなかったのは残念。

パワーメモリーは高かったですね。
本体だとすぐ一杯に・・・。

Re:バラザムさん

初プレイがRAMPOはなかなか凄い(笑)
ワンチャイコレクションとかもでしたけど、次世代の機能を使ってみました!というタイプは必ず出ますよね。
シャーロックホームズは、当時すごい驚きましたけど、内容が難しすぎた(笑)

極パロはすごい良い出来でしたね。
PS版はやってないのでPS版の完成度はいまいちわからないですが、当時は2Dゲームはサターン!でしたね。

オーガスタは実写っぽいゲームでしたっけ。
この手のソフトは本体の処理速度がものを言いますねー。

バーチャは個人的にはやっぱり2ですね。
1とリミックスも遊びましたけど、アーケードで2が出てた時期なのでその影響かもしれません。

ラングリッサーはサターンだと1~5まで遊べましたね。
3以外は全部好き。

カルドセプトは面白かった!
今でもシリーズ出てますが、初代のサターン版が今でも一番好きです。

パワーメモリーの接触の悪さには泣きましたね。
特に拡張RAMが出て、頻繁に抜き差しするようになると、毎回データが飛ぶんじゃないかとヒヤヒヤ(笑)

名作揃いのセガサターンとセガハードでは大失敗のハードでもあるサターン

セガサターンは結構名作揃い、セガだとバーチャファイター1、2、ファイターズメガミックス、ファイティングバイパーズを初めとする格闘ゲーム、ディトナUSA、セガラリーチャンピオンシップ等のレースゲーム、ナイツ、ゲームアーツだとSS版ゆみみみっくす、だいなあいらん、ガングリフォン1、2、グランディアが凄すぎたけど…、セガサターンの一番の汚名は…セガサターンでソニック本編を発売していなかった事とメガドライブ、メガCD、32Xとの互換性を持たせなかった事、後、複雑な設計にしたため、値下げのせいで大幅な赤字を出してしまった事が原因だったのだ。

Re:マイケル村田さん

サターンはセガのアーケードが強い時期でしたので、アーケードからの移植作は凄かったですねー。
オリジナル作品は、初期のクロックワークナイトとか好きでしたし、ナイツやバーニングレンジャーとか良かった!
ゲームアーツも頑張ってましたねー。

ソニック本編が出なかったせいか海外ではぱっとせず、他機種に対抗して途中でスペックを変更して複雑な設計になった。
互換性は当時は・・・どうなんだろう。

名作だったとはいえ海外でのセガユーザーから批判をかったクロックワークナイト

セガサターン発売当初は、ファンタシースター(旧シリーズ)やモンスターワールドはメガドライブで過去のシリーズにし、ソニックも過去の作品に使用とし、ソニックに変わるセガのマスコットキャラクターはクロックワークナイト ペパルーチョ。セガはこれからペパルーチョがSEGAの看板キャラクターにしようとしたが…、現実はこれだった…(特に海外)、北米と欧州のSEGAユーザー、「なんでサターンにソニック新作を出さないのか!?」、「SEGAは完璧に俺たちのソニックに終止符を打たせたんだ!」と完璧に批判ゴウゴウ…、これらの批判を食らったSEGAは…、サターンでソニックの新作(本編(オムニバス(ソニック ジャム)やGENESISからの移植版(ソニック3Dブラスト)、ソニックのレースゲーム、ソニックRは発売されましたが…これは外伝・移植作品なので除外))を発売しなかった事を反省し、サターンの後継機(DC)ではソニックの新作を電撃的に1998年12月にソニアド1を投入、しかしPSやPS2の話題もあって、もう時に既遅かった…。 やはり最初からサターンにペパルーチョなんかソニックの新作を導入すべきだったかも、あの頃のSEGAの頭は海外でメガドラが成功した事もあって、調子に乗りすぎているからなぁ…。

Re: マイケル村田さん

クロックワークナイト、個人的には面白かったとはいえ名作ってほどではないですねぇ。

それにしても、サターンでソニックを出さなかったのは当時も今も不思議です。
ペパルーチョにナイツに新しいキャラを生み出そうとして、ナイツは良いキャラですがややパンチ不足でした。
ドリキャスのソニックは出来はかなり良かったんですが・・・。

遂に任天堂もセガルートに突入…。

日本での128bit戦争はPS2、GCだけの対決であり、XBOXは日本上陸に失敗しているため論外だが、64と比べてハード、ソフト数も減少。アメリカではPS2おろかXBOXにすら敗北しているため、セガサターンと同じルートに突入してしまう…。

メガドライブ、NINTENDO64

日本市場では3位だが、海外では健闘。

セガサターン、ゲームキューブ

日本市場では健闘したが、海外市場を失う。

ゲーム市場の本命は日本ではなく、海外こそが真の勝負と言えるかな…。

Re: マイケル村田さん

ソフトはともかく、ハードは日本だけうれても成功とは言えません。
さらに、PS2やゲームキューブ時代はともかく、今のPS3や360では海外メインといっても差し支えない状況・・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://azalyn.blog22.fc2.com/tb.php/1879-90cabae5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |