リンク集&ゲーム屋さん

ゲーム情報・レビュー系
たんぶろ
.365
ゲーム好きの戯言ブログ
PS4 DOMINATER
わぷわぷだいあり~♪
M☆G☆M+etc…~ゲームレビュー by kentworld~
PS.ふわふわドラゴンベビー
ゲームのあした!
ゲームかなー
Kultur -クルトゥーア-
ネバーエンディング・ファンタジー日記
レトロゲームたちVS最新ゲームたち

ゲーム・アニメ情報系
春が大好きっ
独り善がりなゲームログ

ゲームネタ・2chまとめ系
読みゲー
大人のゲーム2ch雑談所
ゲームだらだら速報
半人前ゲーマー

記事紹介・アンテナサイト
ゲーマーライフ
ANT -がんばるサイトを応援するアンテナ-

レトロゲーム系
ファミコンのネタ!!
レトロゲーム研究室
極東ゲームレビュー館
レトロゲームレイダース 最後のゲー戦

その他ゲーム・レビュー・プレイ日記系
Game Over
げーむびゅーわ
YSO団 青春日記
YSO The 3rd Stage
ゲエムとその他の日記。(主にゲエム)
タピオカのゲーム浪漫飛行
当たり判定ゼロ
顔面ソニーレイ+
へっぽこゲーマーのゲームプレイ日記
積みゲーはかく語りき
ひろくもせまくもなくふかくもあさくもなく
ネタバレしないぉ!(`・ω・)ゲームプレイ日誌。
ゲーム三昧

ゲーム紹介
フラゲーム

ゲーム屋さんブログ
なりゆきゲームやブログ

ゲーム屋さん通販
ファミコンプラザ
ゲームショップ クラリス 通販部

ブックマーク


最新記事


カテゴリ


月間アーカイブ


ブログ内検索


Powered By 画RSS
ドラウォー

以前、ゲームボーイカラー版ドラゴンクエスト3の北米版(Dragon Warrior3)を買い取った事があるんですが、その説明書をパラパラっと見ていると、日本版と北米版の違いが見れて面白いです。





マップ

地名は『ネクロゴンド』が『GONDO』となっている以外はほぼ一緒でしょうか?
ネクロは良いイメージの言葉ではないので省かれたのだろうか。


職業の呼び方が少し違うのも面白い。

戦士はWARRIORS(ウォリアーズ)、武闘家はFIGHTERS(ファイターズ)になってます。
日本だとファイターが戦士っぽいイメージがします。

また、商人がDEALERS(ディーラーズ)。
ディーラーって何かカッコイイ!

遊び人はJESTERS、賢者はSAGES、盗賊はTHIEVES、僧侶はCLERICS、魔法使いはMAGES、そして勇者がTHE HERO。






そして、日本版とまったく違うのは呪文!


呪文1

最初はBlazeがギラでFirebalがメラだと思ったんですが、説明を見ると逆のようで。

Explodetがイオナズンかな?
explosionが爆発なので、それから来た言葉でしょうね。

そしてバギがInfernosなのが凄い。
infernoが地獄という意味なので、僧侶が天罰が下るぞって意味で使うんでしょうか。






呪文2

Zapが何だろうと思ったら、説明にthunderboltとあるのでライデインでしょう。
となるとThordainがギガデインでしょうか。

Beatがザキのようですがビート???

TwinHitsがバイキルトのようですが、ツインヒットしていたのか…。






呪文3

Upperはスカラでしょうか。
レベルアッパーみたいな感じ?

Healはホイミ。
ヒールってそのまんまの意味ですねぇ。

Returnはルーラ。
ドラクエ1ならリターンでよさそうですけどね。






呪文4

ここからは呪文以外に特技も入ってますが、特技難しいのでパス。

X-rayはインパス。
あれはX線だったのか(笑)

Chanceはパルプンテ。
たしかに何かのチャンスかもしれない。


という訳で、そのまんまの意味から微妙に違うんじゃ?という名前に変更されてますね。


ゲーム内容は確かめませんでしたが、話によれば教会が変わってたり死んだときが棺桶じゃなくなってたりするようです。

日本で馴染みの深いゲームの海外版って、日本版と比べると面白いですね。




(注意) あくまで北米版のゲームボーイカラー版のDragon Warrior3の呼び名です。
他言語版、ファミコン版やスーパーファミコン版では若干異なるかもしれません。


関連記事

コメント

自分はカトちゃんケンちゃんごきげんテレビが好きでしたが、ひょうきん族も好きでした。(挨拶)

北米版ドラクエ3とはまた日本ではレア物ですなあ~。ちょっと意外に思ったのはパッケージイラストが鳥山明先生風、というか日本風というか…あんまり海外版っぽくない所ですね。海外版は自分の目から見ると若干シュールな感じに見えるイラストが多いだけに、驚きました。たとえばボンバーマンみたいに。

呪文に関しては…DQはもともと呪文の名称は独自の造語(ですよね?)が多いだけに、宗教上の理由などによる呪文名の改変はないかと思いましたが、そんなこともないんですね。

日本人でも外国の人でも、ゲームの知識が全くない人なら、ホイミと聞かされてもそれが傷をいやす名称とは思わないのでは。ヒールの方が名前的にはわかりやすいかも。

自分はアメリカ版のFF7の攻略本は見たことはあります。昔のVジャンプの攻略本とサイズとページ数は大体同じだったかな。説明文はぶっちゃけ英文で何を書いてあるのかさっぱり分らない。けど画面写真を見るとそこはかとなく理解できる不思議w

ちなみにこの海外版FF7攻略本は、いわゆる日本の公式イラストは確か掲載されてません。少なくとも表紙はアメリカ版オリジナル…で、野村哲也さんの絵が大好きな人が見て受け入れられるかは、う~ん、その人次第ですかねー。

なにせマーブルコミックに出てても遜色ないクラウドが、そこにはいますから。

長文失礼しました。

Re: 不自さん

自分は完全にカトケン派でしたねー。

このパッケージは、鳥山明先生では無いと思うんですけど、かなり似せてる感じです。
鳥山明先生も昔と今とでは絵柄が違うので本人の可能性もあるんですけど…
海外ではドラゴンボールが人気という事で、それに似せた絵柄にしたんでしょうね。

ロックマンとかボンバーマンのように気色悪い(失礼)絵柄になると、ネタとしては良いんですが(笑)

ドラクエの呪文は、造語ですよね。
ホイミも「休み」という字から取ったと言われてますが、海外ではそういう言葉遊びのようなのは難しかったのかもしれません。

攻略本・雑誌系は海外のはまったく見たことが無いですねー。
野村哲也さんのイラストは海外でも人気ありそうなんですが、使われてなかったんですね。
海外だとどうしてもムキムキになってしまうんですね…。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://azalyn.blog22.fc2.com/tb.php/2296-953dcf7b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |